10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 「食わず嫌いはよくないな」 * TOP *
スポンサーサイト
2012.06.10 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「本当に備忘録程度の走り書き」
2011.04.14 Thursday 19:28
ナンシー・クレス「アードマン連続体」
50年代SF傑作選にありそうな筆致。SF的な尖ったアイディアはないが、とても安定した丁寧な描写。

伊藤計劃「ハーモニー」
買いそびれていた遺作が手に入ったので読了。これと虐殺器官とMGS4ノベライズを合わせて読んで、伊藤計劃の抱えていた視点が朧気ながらつかめてきたような。テクノロジーの変化による自己の変容、肉体が自分に所属していないことに繋がる意識は背景を考えると納得できる。ただ虐殺器官とハーモニーだけだと相当視点が狭いので、新作で新境地が見たかった…叶わないけれど。

スタニスワフ・レム「泰平ヨンの航星日誌」
奇想詰め合わせにメタフィクションをトッピングしたような。

泉和良「セドナ、鎮まりてあれかし」
ぶっちゃけアンディー・メンテシリーズの作者であることを知っていなければ買っていなかっただろう。そういう意味で真っ当な読み方はしていないのでコメントは差し控える。地味だけど丁寧な話。テーマや描き方が賛否両論になるのは致し方ないかな。

大森望 編「ぼくの、マシン(ゼロ年代日本SFベスト集成〈S〉)」
表題作は持ってるんだけどなあ…と思いながら購入。もうちょっと日本人SF作家もチェックしようと思った。個別の作品へのコメントは略。

後はどうでもいいノウハウ本ばかりで最近真っ当に本を読んでないなあ……。
読書録 * comments(1) * -
スポンサーサイト
2012.06.10 Sunday
- * - * -
コメント

ちょっと聞いてよ押
こないだのオッサン、マジ半端ないんだけど。ヮラ
http://7l088zc.x.ex-summer.net/7l088zc/
2011/08/27 12:50 PM by カナ

コメントする