08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< 「I am what I don't say」 * TOP * 「みんな嘘つきであれば世界はどんなに」 >>
スポンサーサイト
2012.06.10 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
「叫ぶ像の都とパン・タン人」
2006.06.26 Monday 21:24
・エルリックサーガ二巻「この世の彼方の海」を立ち読みして(金欠)、Cardwirth「時紡ぎ」での会話の一部が漸く解った。「時紡ぎ」の渋さは好き。
・ゲームを消したらHDDの空き容量が二倍になった。
・ついでにPCの中の要らないデータを消したり圧縮した。
・妹TRPGで使う*兄*のデータが出てきた。
・あー、妹やりたいですね?
・PC間対立を前提にするとPTプレイメインのRPG(特にファンタジー)は崩壊する?
・必ずしもそうではない。
・しかし、PTプレイメインのPC間対立では対立PC同士の葛藤、溝を埋めようと動くPCあたりがあるから話として回る。
・そういう素地が形成できないなら個別導入の方が良いだろう。
・(最終目的が一緒ならなんとか着地させることはできるだろう…アドリブはきついが)
・「一緒に暮らしている内に場が移った」で説明がつくなら構わず一緒に動くが…。
・親睦を深めるイベントが足りないというのは事実だ。
・しかし、PTプレイで回すには個々の思惑の差異が許容出来ないほど大きすぎる。
・ある程度共通の(金銭、冒険、何でも良いけど)出発点がないと辛いか?
・最初から行動を共にしてるんだったらそんな事気にしなくてもいいのだが。
・「動機/目的は違うが結果として同じ場所にいる」で毎回辻褄合わせに苦労。

自分で書いていてB級ハリウッドの臭いがしますよ。
「私が吐き出しているものは全て私が食べたもの」という展開ですか?
TRPG * comments(0) * -
スポンサーサイト
2012.06.10 Sunday
- * - * -
コメント
コメントする